Facebook page
Facebook page

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

      新着情報!    

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

新着情報ページに

  講習会のご案内を

  追加しました

木目込人形の世界

木目込人形のはじまり

 

木目込人形(きめこみにんぎょう)は

江戸時代中期、京都の上賀茂神社で

生まれました。

 上賀茂神社で働く高橋忠重という雑掌(ざっしょう)が、神具の柳筥(やないばこ)使用した木の余りで人形を彫刻し、神官の装束の端切れを木目込んだ始まりであると伝えられています。

これは現在、賀茂人形と呼ばれています。

 賀茂人形はどれも小さく、大きさはほとんどが3cmから約10cm。

テーマはバラエティーに富み、表情も豊かです。

彫刻として見ても、味わい深い美術品といえます。

 

 

現代の木目込人形

 

 現在多く制作されている木目込み人形は、桐塑(とうそ)と呼ばれる素材で られています。

桐などのおがくずを麩糊(ふのり)で固め、松ヤニの型に押し込んで頭や胴体となる形を成型し、乾燥させ固めます。

胴体は、これに筋彫りを入れ、その筋に布の端を木目込んで衣装を着ているように表現します。

頭は、これに胡粉(ごふん)を塗り重ね、結髪(髪を縫込む事)、面相描き(目、口を描く事)で仕上げます。

現代の頭は、素焼きや入れ目(ガラスなどの目を入れる事)など表現方法も多彩となり、表情はより豊かになりました。

 雛人形や五月人形、高砂人形、市松人形、干支飾りなどが広く親しまれ、伝統工芸品にも指定されています。

 

 木目込人形の魅力を感じていただき、日本の伝統文化に触れ、日々の暮らしに-和の彩-を加えて頂ければ幸いです。

 

 

          人形工房 彩雅 工房について